教えてドクター!自律神経失調ってどんな病気

改善に必要な薬

白い錠剤

治療薬の特徴

自律神経失調に悩んでいる人はたくさんいるのですが、病気の症状を緩和するサポートを行なってくれる薬を服用しなければいけません。
薬を服用することで、症状を少し緩和させることができるので、効率的に治療を進めることができるでしょう。
自律神経失調の治療を行なう薬は、基本的に自律神経の末端部分に効果的とされており、抗不安薬や精神安定剤を使う必要がない患者に処方されることが一般的です。
自律神経失調の薬は、精神安定剤に比べて副作用が強くありませんので、安心して長期間治療を進めることが可能です。
ただ、即効性を期待することはできませんので、少しずつ効果を体感できる薬です。もし、10日を超える服用を続けても改善効果を実感できない時は、薬を処方した医師に相談することが大切です。

副作用に注意する

自律神経失調の症状が現れたときに服用することが多い治療薬ですが、治療薬を体内に取り入れる時は、薬の副作用に注意しながら服用しなければいけません。
自律神経失調の治療薬は眠気や食欲の低下、めまいなどの副作用が現れることがありますので、服用後は車の運転などを行わないようにしましょう。
服用後に副作用が心配になった時は、医師に相談をしてどうするべきなのかアドバイスをしてもらいましょう。
副作用が起きたからと別の薬を自分の判断で勝手に服用してしまいますと命の危険がありますので、かぜ薬などを併用しないようにしなければいけません。